LG21とは、正式名称を「Lactobacillus gasseri(ラクトパチルスガッセリー) OL(名前の響きだけだとなんとなくかっこいいような?象を受けますが、実際には何かと大変そうです)L2716」と言って、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などと言った危険因子の一つとされるピロリ菌に対して強い抗菌作用を持つ乳酸菌です。もともと整腸作用が目的で作られた乳酸菌になるのですが、現在は、胃のピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)を取り除く乳酸菌として知られているのです。ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)とは、日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)の半数が保菌者になっていたらいう胃腸内の細菌です。ピロリ菌(1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見した細菌の一種です)は胃の粘膜に生息し、酸性の胃液から身を守るために、酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)を吐き出して貴方の周囲にバリアーを作ります。この酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)が胃の粘膜に障害をもたらし、胃潰瘍や胃がんなど色々な病気(先天的なものも少なくないでしょう)の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)かも知れません。ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)を除去する事は病院などでも可能でしょうが、その際に、抗生物質を用います。その為に、味覚異常や肝機能障害(肝臓は沈黙の臓器と呼ねれているため、かなり進行しないと自覚症状がでません)といった副作用が伴うケースもあります。そこで、登場するのがLG21。胃の粘膜に付着して乳酸を分泌し、ピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌で、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあるといわれています)を溶かします。抗生物質と違って副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)がなく、胃粘膜の荒れも解消されるのです。LG21は、明治乳業から「プロビオ」といったヨーグルト(健康のために食べるのであれね、特定保健用食品認可のものを食べた方がいいでしょう)が売っており、簡単に摂る事が出来るはずです。普通のヨーグルト(アレルギーの症状を改善するといわれていますが、摂り過ぎると悪化することもあるでしょう)と比べると価格はいくぶん高めの設定そうはいっても、半年間食べ継続することで、ピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌で、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあるといわれています)を100分の1以下に削減できるとのこと。半年で胃潰瘍や胃がんといった消化器系の病気を防ぐことができるなら、たべる価値は十分にあると言えると思いますー